「世界のウィンターフェスティバル」

Rédigé par: Quartz Co.

Text by: Quartz Co. Editorial Team

冬だからと言ってカルチャーイベントが減るわけではありません。むしろご紹介する5つのフェスティバルはすべて、アウトドアの面白さと発見には絶好のチャンス。飛行機に飛び乗って、どのアドベンチャーに参加したいですか? 

インターナショナルなライト・アートの、世界最大規模の舞台として有名なアムステルダム・ライトフェスティバル。開催中は光のアートのインスタレーションを、街中を歩きながら、あるいは自転車やボートで回りながら見ることができます。予算や好み別に様々なボートツアーが用意されているので、あなたにピッタリのツアーが見つかること間違いなし。8回目のテーマはDISRUPT(破壊)!アーティストたちは心にテーマを留め、公共スペースの再開発や、訪れた人々が自分自身や環境に問いかけるような作品を制作します。オリジナルのアクティビティやアーティストのトークショーなども楽しめますよ。 

世界で最も大きく、同様のお祭りでは最も古いものの一つであるケベック・ウィンターカーニバル。カナダの長い冬に訪れる暗い夜を過ごす方法として1894年に始まりましたが、今日私たちが知るカーニバルは1955年に第一回目が開催されました。真に北国の生活を褒めたたえ、フレンチ・カナディアンの伝統を称賛するお祭りです。伝統的な柄のサッシュを身に着け、象徴的なスノーマンを迎え、素晴らしい氷の彫刻を抜けて、凍ったセント・ローレンス川を渡るカヌーレースを観る。全て忘れられない経験になりますよ。 

ヴィンタージャズフェスティバルは2001年以降毎年、デンマークの至る所で全国的に行われている、冬のジャズフェスティバルです。デンマークから海外までの才能あるジャズプレーヤー、また経験豊富な立役者からローカルの新進気鋭のミュージシャンまでを真に称賛!教会からバー、カフェー、劇場や公共のスペースまで普段とは異なる場所でコンサートを楽しめます。全ての人のために何かがあります!今年2020年は、チック・コリア、ウィントン・マルサリス、そして伝説のブラジル人アーティスト、ジルベルト・ジルも参加。3週間以上に渡り150の会場で600以上のコンサートが開催されるので、昔のお気に入りや新しいバンドを発見して楽しめること間違いなし。 

ウップ・ヘリー・アーは他にない冬のフェスティバル。バイキング・マルディグラの一種としていわれることが多いですが、灰の水曜日までに行われ、告解の火曜日に終わります。お祭りの参加者はバイキングの衣装を身にまとい、たいまつを掲げて行進します。クライマックスはバイキングが使っていたガレー船のレプリカを焼いて、島のスカンジナビア人の先祖を祝福します。このイベントは、数々のパーティーや焚き火、正真正銘のツイストを踊って飲んで過ごすカルチャーでも人気です。有難いことに灰の水曜日は祝日のため、お祭りにふけた後も参加した全員が、回復に充てることができます。 

アルプスのユニークな音楽フェスティバルであるスノーボミング。1週間にわたってチロリアンアルプスの中心で行われ、冬の遠出に素晴らしいチャンスです。コンサートはアルプスの森や山頂、イグルー、さらには肉屋で行われます。フェスティバルの入場券とリフト券がセットで販売されており、世界最高のDJやライブの音楽で盛り上がる前に、ゲレンデで過ごすことも可能。滞在中は、マイヤーホーフェンのスパでリラクゼーションの時間もとってみて。 

どのウィンターフェスティバルに狙いを定めるとしても、最大限に楽しみながら、でもスタイリッシュでいるために、暖かいウィンタージャケット を着て行くことを忘れずに。